節分と恵方巻きの由来は?2014年の方角はどちら?

   

Sponsored Link
 

     

節分とは?

 

23(年によっては4日。2014年は3日)は『節分』です。

豆まきをしたり、恵方巻を食べたり、大変知名度の高い行事となっています。

 

では、節分とはどういった行事なのでしょうか。

節分は本来『季節の分かれ目』の事を指し、季節の初めである立春、

立夏、立秋、立冬の前日の事を節分と呼んでいました。

 

つまり1年に4回あったのですが、『春を迎え、新年を迎える立春の前日こそが

最も重要である』という事で、室町時代から立春の前日だけを節分と

呼ぶようになりました。

 

旧暦では春から新年が始まるため、

当時は大晦日に相当する大切な節目だったのです。

Sponsored Link