ズボラ主婦が引っ越し!近距離で安く済ませる方法はこれ!

   

Sponsored Link
 

     

ズボラ主婦の私は、
近距離で引っ越しをすることになりました。

同じ町内でアパートから一戸建てに引っ越すのですが、
できるだけ引っ越し費用を安くしたい!と思っています。

そこで、今回ズボラ主婦が近距離の引っ越しに向けて
安く済ませる方法をご紹介しますので、参考にしてみてください。

 

ズボラ主婦が引っ越し!
近距離で安く済ませる方法はこれ!

 

ズボラ主婦の私は、
今まで一人暮らしの経験もあるので、
今回の引っ越しで3回目となります。

でも、一人暮らしのときとは荷物の量も
家電の大きさも全然違うので、費用も変わってきますよね。

同じ町内という近距離の引っ越しを
できるだけ安く済ませたいズボラ主婦は、

自分で荷物を運んでコストダウンをしてみました。

 

ズボラ主婦の引っ越し術は
段ボールよりゴミ袋を使う!


 

引っ越しと言えば、
段ボールのイメージが強いですよね!

でも、ズボラ主婦は段ボールを
使わないで引っ越しをします(笑)

普段使っているごみ袋に、現在使っていない
衣類やタオル類を入れて梱包します。

 

<ズボラ主婦が段ボールを使わない理由>

腰痛が悪化するためあまり重い荷物が持てない

・段ボールに何が入っているのかわからなくなる

・段ボールの組み立てが面倒で処分にも困る

 


 

<ゴミ袋を使うメリット>

・段ボールを買うと高いのでゴミ袋のほうが安く済む

・女性でも荷物を運びやすい

・ゴミ袋は再利用して日常生活で使える

・半透明なので中身が見えるので
何を入れたかが分かりやすい

 

このように、ゴミ袋は普段使っているものを引っ越しの梱包に使えば、
女性でも簡単に引っ越しの荷物を簡単に運べることが出来ます。

効率的に引っ越しをすることができるのでおすすめですよ。

 

ズボラ主婦の引っ越し術は保冷バッグ!

 

ズボラ主婦のおうちにある食器棚は
引っ越し業者に運んでもらいますが、

食器は自分たちで運ばないといけません

でも、割れる心配がありますし、
どうやったら上手に運べるか悩んだりしますよね。

そこで、便利なのが保冷バッグと
キッチンペーパー、ゴミ袋です。

ズボラ主婦が食器の移動法をご紹介します。

 

1.ズボラ主婦は100均で売っている
保冷バッグを何種類も持っています。

実家に帰省するときお土産を入れたり、
夏場の買い物によく使うので、なぜかたくさんありました。

なので、これを引っ越しで活用してみることにしましたよ。

 


 

2.ゴミ袋を用意します。
一番下にキッチンペーパーを1枚敷きます。

 


 

3.お皿を入れます。

 


 

4.その上にキッチンペーパーをさらにおいて、
同じお皿や形が似ているものを重ねていきます。

必ず、キッチンペーパー→お皿→
キッチンペーパーの順番に行ってくださいね。

 


 

5.袋の空気を抜いて縛ります。
それを保冷バッグの中に入れてください。

袋を持ってみてまだ軽いようだったら
もう一回り小さめの食器を同様のやり方で入れます。

 


 

6.保冷バッグに入れるポイントとしては、
下に大き目のお皿、中くらいのお皿を入れたら、

割れないプラスチックのお皿を上に置くと
バランスがよくこれで1セットの完成です。

 


 

7.写真の保冷バッグは2個ですが、
今日は3個作って新居まで運びました。

保冷バッグに取っ手がついていますし、
持ち運びしやすかったですよ。

 


 

いかがですか?

近距離の引っ越しならこの方法で
簡単に食器を移動させることができます。

袋にわけた理由は、万が一食器が割れたとしても
袋の中なので、破片など飛び散らないというメリットがあります。

これで、すぐ食器棚に食器類をしまうことができるのでおすすめですよ。

 

まとめ

 

ズボラ主婦は自分で運べるものは、
自分で運んで引っ越し費用を安く済ませることに成功しました。

引っ越し業者には、大型家電
(ダブルベッド・冷蔵庫・洗濯機・食器棚・タンス)の
5点を移動してもらうので3.3万円で済みます。

女性でも簡単に引っ越しはできるので、
ぜひ実践して色々なことを節約してみてくださいね。

 

スポンサーリンク
 

Pocket
LINEで送る

関連記事

クッキー

防災非常食おすすめランキング☆味にこだわる!嗜好品編

災害に備えて用意する必要がある防災非常食は、 ごはんやパンなどの主食におかずになるお惣菜、 そし

記事を読む

1

ステンレス水筒を衛生的に保つための洗い方とは?

夏に大活躍する水筒! 水分補給は大切ですから、常に持ち歩いている人も多いのではないでしょうか?

記事を読む

fa188a74c845e7c48bc6eb88a5679693

新生児の冬の服装やお出かけ時の持ち物は?

  生まれたての新生児に着せる服装は季節によって違います。   &nb

記事を読む

123

【小学校の入学準備】子どもの好きな布でお道具袋を簡単に手作りする方法!

  小学校の入学準備は学校によって内容が異なります。 ズボラ主婦の私の息子の小

記事を読む

image001

新年の挨拶メールで好印象!上司に送る例文を学ぼう

  最近では誰もがスマホや携帯を持っていますから、 新年の挨拶もお互いメールで済ませる

記事を読む

image001

入学祝いのお礼状はどう書く?贈る相手別の好感度アップ例文集!【高校編】

  初めて受験を経験し、 少しづつ自分の目標に向けて動き始めた子どもたちも多い高校の入

記事を読む

new_image00115

パーマを長持ちさせる3つのポイントとは?

  髪型を変えるだけで、 女性はかなりイメージが変わります。 イメージチェンジのため

記事を読む

image002

初対面の人とも上手に会話をするには?

  初対面の人と話すことが苦手、という方は少なくありません。 でも、職場やプライベート

記事を読む

セキス1

【大掃除のコツ】窓拭きの秘密兵器!セスキ炭酸ソーダの使い方

  普段の掃除の中では手を抜きがちな窓拭きですが、 窓ガラスは昼間の日が当たるときによ

記事を読む

image002

引越しの手続きをする前に知っておきたいこととは?【電話の手続き】

  引越しをするときに手続きをしなければいけないものはたくさんありますが、 新生活を始

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Comments links could be nofollow free.

1
セルフネイルの方必見!断捨離不要のマニキュア収納アイディアでお部屋すっきり!

女性のおしゃれにはマニキュアが欠かせません。 特にセルフネイルを

1
マニキュアが増えても断捨離しなくて大丈夫!おすすめの収納アイディアでお部屋をおしゃれにpart5

マニキュアを全部使い切る前に新色が発売されたので購入してしまった結果、

1
マニキュアが増えても断捨離しなくて大丈夫!おすすめの収納アイディアでお部屋をおしゃれにpart4

セルフネイルでマニキュアを使おうと思った時、 数が多くてお気に入

3
マニキュアが増えても断捨離しなくて大丈夫!おすすめの収納アイディアでお部屋をおしゃれにpart3

指先をおしゃれに見せるならマニキュアが欠かせません。 セルフネイ

1
マニキュアが増えても断捨離しなくて大丈夫!おすすめの収納アイディアでお部屋をおしゃれにpart2

マニキュアってお気に入りのカラーをどんどん購入すると収納に困ったりしま

1
マニキュアが増えても断捨離しなくて大丈夫!おすすめの収納アイディアでお部屋をおしゃれにpart1

セルフネイルを楽しむ方はどんどんマニキュアが増えていき、 収納に

1
【100均のトートバッグ】アレンジ方法をマスターしてオリジナルバッグを作ってみよう★

100均のトートバッグをアレンジして楽しんでみませんか? DIY

→もっと見る

PAGE TOP ↑