着物の半襟の付け方【基本編】

   

Sponsored Link
 

     

半襟はなぜ必要なのか?

 

そもそも半襟は何故必要なのでしょうか?

 

元々、半襟は汗や化粧などで(着物)の襟が汚れるのを

防止するための物だったのですが、今では見栄えを良くするための

オシャレアイテムとしての要素が強くなっています。

 
1
 

それに加え、汚れやオシャレ云々を抜きにして『襦袢には半襟を付ける』

事が『当たり前』になっているというのも、半襟が必要な理由として挙げられます。

 

「襦袢の襟が汚れてクリーニング代がかかる」とか、

「襟元がだらしない」とか、そういうのはあくまで建前で、

半襟を付ける事は言うなれば常識やマナーのようなものなのです。

 

半襟を付けるまでが着物、半襟が無ければ着物ではない、と

考えてもらって構いません。

そこまで重要な物なのです(浴衣は例外で、半襟を付ける必要はありません)。

 

Sponsored Link